7.01.2011

7月1日。




『笑いながら起きてしまう』ていうのが近ごろの悩み

それもケラケラ、クスクスというような小さい笑いではなく、
爆笑なんです。。。

自分の頭が可笑しくなったんじゃないかと心配になるのです。。。

吹き出すような自分の笑いで起きるという
未知の体験をしたのは、数ヶ月前のある日の朝のことでした



笑いという愛に満ちて起きるのは心地のいいことではあるけれど、、、
起きたてが一番テンションが高いていうのはいかがなものか、、、

anyway,,,

激動の上半期が昨日で終わりました。
あの日から、
いろいろな感情の波を体験して
気づきがありました
後回しにしないでしっかりと向き合って行く
チャンスをくれました
こんなにも突然に、
こんなにも人は儚いものなのかという尊さを感じたり
助け合う心強さを感じたり
自然という存在に圧倒的な恐れを抱いたり
また自然は感情を揺さぶり気づきをあたえてくれた存在でもあり、、

社会の大きなうねりの中、濁流にのまれて
信じられなくなる心、
猜疑心が大きくなり自分を見失ったりと
書き出したらとまらなくなりそうです。。。



7月1日(金)
2011年、上半期の始まりの今日。
蟹座の新月の日でもあります。
お月様が満月になるまでのスタートラインである
新月の日は、私にとって
人は何度でも生まれ変われるんだといような
希望に満ちた、再スタートの1日です。


Deep in our hearts, Light of moon is shining...




6.26.2011

ある夏のこと




船に揺られて48時間
360度、海に囲まれ
朝と夜の狭間をみたり
甲板で体を逆さまにして
海と空を逆さに見たり
1秒も退屈と感じずに本島につく
本島で1泊し
また船に乗り
島をめざす
帰りの日など決めていない

島での生活は
太陽の暑い日差しが目覚ましで
日が暮れ夜になると勝手に眠くなる

南国の木々の道を歩く
広がる白い砂浜と海
海面に顔をつけただけで
虹色の魚が泳いでいるのが見える




あのとき見た空と海と太陽と夜空を
思い出すだけで、どこからともなく
たくさんのエナジーをもらえる
莫大な時間とエネルギーがあった当時
実は今もあまり変わらないところが少しおそろしくもあるが、
きっといい事?だろう。

昨晩は、スーパーデラックスにて、
ベリーダンスショーを見に行った
エキサイティングな夜でした
籠ってないで出向いてよかった

今年も夏が始まった