6.19.2017

無題その3




正しいことを行うという悲しみ
ちょっと無理しているあの人を肩越しに眺める

夕方の風が吹く。




一回入れて、攪拌
もう一度、そして攪拌
もう一回やったらどうなるか。

好奇心。

出て来たのは、ただの猫だった。