8.01.2017

無題10

私は自分の夢のような夢で幸せにある
体は痛む。これは現実だけど、ただそれだけのこと。
肩越しに海風を感じ、私の毛先は揺れる
夏の太陽は、踊りに私を掻き立てる
スイカをたくさん食べるだろう。
そして腹を下す。
目の前に夏の陽炎

むしろ、あらゆる可能性がある。
もう一度夏を定義してみよう。
今日はスイカを食べることは決まっている
だって八月の初日だから。
夏の陽炎