5.24.2019

無題42

私は、僕は、そんなこと気にしないよと

言ってくれだろう

あの人ならば

5.18.2019

無題41

I have abundant freshness in touch with my wild and instinctual nature. I won't stop my feet at the moment.
It is the same as I start doing before the very outset of something. It is the same, in front of a door, as I am standing and waiting for the time quietly and solely behind curtains. I don't know where is the switch at my back. But, I hear the sounds every time. 
I can get things that is something great if I can tell apart consciousness and unconsciousness without anxiety, frustration, insecurity and so on.
Now, by renewing its conviction, It will be capable of taking a step forward.



It seems to me that people sometimes need to play another person and have a deeper understanding for the life. 
時々、別人を演じて、人生を深く理解する必要があるように思う。



5.14.2019

無題40

A girl’s face breaking into a smile
How funny it is


Cos,
A person who is friendly and gentle,
tend to be alternatively bullish and weak-kneed.
Open in the natural body.
Peaceful with self-paced.
supposed,  there would be such a person. I know well.

A stage was set.


Today's meditation inside each of us. 

突然吹き出す少女
超面白い

準備万端。

5.02.2019

Choreography Class May 2019 :Nouh Al Hamam



-----
Correctness could be tinged with sadness.
Yet, I had to do it.
-----

こんにちは。
GWは生憎の天候ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
5月の振り付けは
Mayma saleh のNouh Al Hamamをやって行きます。
少し悲しい内容の曲です。。。
時間が許す限り、踊り込んでいきましょうー

今月は、二回レストランショーも予定しています。
お時間ある方はぜひ、お気軽にお立ち寄りください。
お席の確認は、直接、お店にご連絡頂けますと幸いです♫



-----
Because dance is liberation.
Only those who feel comfortable with their body can be a good relationship with the world.

4.27.2019

5月レストランショーのお知らせ

ソメイヨシノが咲き乱れ、
八重桜も咲き落ちて、
新緑の季節にスタジオ前の竹林で、
タケノコを発見しました。





え、こんなところに。。。



さて、連休中の5月4日と翌週10日の夜に、西麻布のエジプト料理 Nefertiti Tokyo (ネフレティティ東京)にて踊ります。お誘い合わせの上、お気軽にお立ち寄りください🎵

日時:5月4日(土)20:30~ 21:30~(2ステージ)、
   5月11日(金)20:30~ 21:30~(2ステージ)


場所:東京都港区西麻布3-1-20 Dear西麻布 1階 東京メトロ日比谷線、六本木駅出口『1C』より徒歩3分です。六本木通り、セブンイレブンの隣のエジプト料理屋です。

電話:03-6844-8208

★お越しの際は、お店に直接、お席のご予約をお願いします♫





4.10.2019

無題39

道端での、たかだか5秒もないほんの僅かな時間。彼女が彼に向かって、耳に残るフレーズ、thank u, next. thank u, next. を口ずさむ。
ただ歌ってただけかもしれないけど、何か腹立たしいことでもあったのかと、勝手な想像をした。彼の方は、全然、聞くきゼロという感じで、目立った光景。達観して浄化したいという気持ちを受け止めうる、万人の心を掴むポップソングと、愛嬌のあるちぐはぐなやりとりが鮮やかで、活き活きしていた。幸せを祈ろう。Life is beatiful everywhere.


尚、次回の私のショーの詳細


Kadera(カデラ)よりベリーダンスショーのお知らせです♪
5月10日の金曜日の夜に、西麻布のエジプト料理 Nefertiti Tokyo (ネフレティティ東京)にて踊ります。お誘い合わせの上、是非お越しください。

日時5月10日(金)20:30~ 21:30~(2ステージ)

場所:東京都港区西麻布3-1-20 Dear西麻布 1階 東京メトロ日比谷線、六本木駅出口『1C』より徒歩3分です。六本木通り、セブンイレブンの隣のエジプト料理屋です。

電話:03-6844-8208

★お越しの際は、お店に直接、お席のご予約をお願いします。

★ショーのチャージはございません。ご飲食代のみ。
(例)
コース料理 Aコース ¥ 3,980 
サラダ&前菜の盛り合わせ 2種 ・レンズ豆のスープ ・メインディッシュ・エイシ(パン) ・デザート ・ミントティー 


4.03.2019

無題38


I have changed Sideboard and Drawer which is European Ash, White Ash, so-called Japanese Ash, I am fond of the tree species as my favorite, plywood made of coated, agreeable-quality interior woody sliced materials, for seasonal refreshing.
At First, I unpacked the sets that arrived. It was much larger than me, needed to assemble. Although that was much less peculiar expansion and contraction of natural wood, that plywood of MDF was tightly packed of medium fibers would be normally too heavy to handle for a female, and can be assembled properly if you followed that procedure in the manual, but it can be misleading to read carefully with its several misprints that the specification raised the difficulty level like traps. Recommended for assembly by two or more people. It had completed, kind of a specialty field of mine so so so.
Simple, functional, Nordic style design that fits any style, Japanese simplicity as well. It is a clear and dignified impression advances by the grain of its wood, leads to a good sense that has not been here but somewhere far away to be a grace figure.
Finally cherry blossoms in front of my eyes have begun to bloom. The unbelievably closest view of the flowering furthermore gives its reborn space lovely texture, to encase in an enormous pink veil like no other word. As spring does for cherry blooms, Such a nice morning.

By the way, Ill be dancing upcoming Friday. I was told friends of mine and some students will come there. I'm sleepy all the way... with the spring time, and got a cleanlier room like that so that makes me sleepy really. But I won't forget to buy some profession makeup tools today. 
Supposed, my bunny doesn't normally cry at all but my bunny told me beside my pillow In this morning, a hotel receptionist is trying to turn on the spare lights for you. I'm serious really..or that could be also the reason why it's getting hotel-like  after remodeling.
Well, I will reveal the truth of the matter later.

Dreaming as the spring slumbers...


季節の模様替えのために、サイドボードとドロアーなどを、-私の好みの樹種-、爽やかなヨーロピアンアッシュ、ホワイトアッシュ、所謂タモの突き板で化粧された調子良さそうな家具にして、リニュアール。まず、到着したスタッキングが必要な、自分より何倍も大きい一式のセットを開梱。木材の伸び縮みする独特の狂いは少ないけれど、ぎっしり詰まった中質繊維板のMDFは、女性一人で扱うには重たく、説明書の手順に従って進めば、きちんと組めるが、よく読むと誤解を招きうる仕様書が難易度を上げている。組み立ては二人以上が推奨。家具は、得意分野なので、難なく一人で完了してしまった。シンプルで機能的、どのスタイルとも親和性のあるノルディクスタイルの納まりがいいデザイン。木目が明瞭で凛とした印象があり、どことなく神々しいタモの樹種が、ここではない何処か遠いところにやってきたような品のいい感覚を導いてくれている。やっと目の前の桜が咲き始めた信じられないほど近い桜の光景がさらにその生まれ変わった空間を助長し、何の言葉にも例えようがないピンク色大きなベールに包まれる。まさに私のプラン通り。いい朝だ。

さて、今週は金曜日に踊ります。友達と生徒さんが来ると聞いた。金曜日だしどんな夜になるかな。それに春だしとにかく、眠い。しかも模様替えしてきれいになった部屋は、より眠気を誘う。今日、有楽町で舞台メイクのお店に行くことを忘れませんようにする。
普段は鳴きもしないうさぎが、私の枕元で饒舌に、ホテルのフロント係が補助ライトをあなたのために点灯させようとしているから、って言ってた。ほんとなんだって。もしくは、これもちょっとした模様替えの効果かもしれない。
事の真相は追って確認することにしよう。

春のまどろみの中で夢を見る–

3.16.2019

無題37


感情レベルの過剰発達なのか、三日連続で悪夢を見る
ある程度、常に冷静でいることは大事なことだ。
際限なく、一人でも大丈夫な性格は、平穏でいることが簡単そうだけど、
なんだか常に忙しない。



朝、玄関を開けると、今日も鳩が電線に止まっている。ここ数日連続して、少し考え事をしている風な、
何か意思を感じる様子で留まっている鳩を見かけていたのだが、
その佇まいが何となくかわいいなという程度であまり気に留めなかった。
外から帰ったら、エントランスの脇に植林された木にまた例の鳩がいるので、様子を伺うと、メスの鳩が巣で待っていた。
適当な枝を見つけて、飛び戻ってくるオスの鳩は私が近づいても、怯える様子もない。
土曜日の緩やかな昼下がりにのん気にその絵を眺めながら、ほのぼのしたけど、
鳩は、細菌を持ってきたり、糞を散らかすからあんまり好かれないんだなあ。
タイミングよく久しぶりに母親からメッセージがきたので、鳩嫌いには最悪か。と末尾につけて、伝えると、
「フン害ですね。(笑)」
母は、調子が良さそうだった。


Do I watch a bird? I often saw a pigeon sitting on a wire recently, from my balcony. That pigeon looked having something of a purpose and it was kinda cute. But, I didn't care so much. I just noticed a pigeon carrying a twig. Pigeons nesting in a tree planted next to an entrance gate. That's what it is getting quite spring like. Except for poos trouble.


 

3.12.2019

無題36

こがなきゃ倒れる自転車稼業に休みなし。
これしかなかったんだと言い聞かす。
頑張ろう。

Reality does much more ironical than fiction does as if you feel like you can't be saved. Even so, in any ways, you must be hilarious at the peak because it can be hugely freeing with paradox itself. The more terrific it happened, the more I would think I had not done anything yet. It is not certain whether that is a story of when I writhed in a toilet the other day and, weeped in silence. I'll be dancing at tonight. I'm not sure the details that might be something of private party. I just do dance. Dance itself ,doing from me, doesn't have to need any validation, though. If they told me at first ,Birthday etc,  I would do something for them. If a writer says that this work will leave it to the imagination of the readers, if it is such irresponsible work,  Id say this : please you return my time back.  So, sometimes It would demand a drastic way. And, I love that. For the life at times, just only one person prepared to act is precious rather than collect the 100 people of opinion that does not take the responsibility. while just making sure of pieces playing data formed by the other sound sources is reproduced in this lovely morning. 

3.10.2019

無題35

I went to Tokyo international Forum where’s near by my studio for seeing art works after my Sunday classes of Ginza. One of my dancing students informed me an exhibition of World Art Tokyo, which is recommended by ambassador from each their countries and displaying her work too. She is living in Tokyo from Croatia, much senior to me. I am happy to be she is interested in my class, joining in my lesson for a long time. She loves to dance. Her style is a very vivacious abstract expression with colorful paints. Her dance too is innocent and always good smiles on her face. It is a very good feeling. I wanted to drop by Art Fair though. I didn’t make it.
I somewhat feel my memories are about to be fragments by what is in crossing people every day. Also, I am absorbed into myself, and vice versa. Hard to distinguish is, as it were, interlaced with past, present and endless fantasy of mine. It's seen as unstoppable sometimes but that's fine so far. There's a room to update anytime, imagination and creativity is unlimited, and a great thing if you have some time to stop your feet in front of art, culture and so on. It’s capable of depicting deep humanity gives yourself understanding much more. Though, of course there's also a part of what would never have been mapped. And, everyone in the world might not like it can be uninterested. But, that is the way makes time enjoyable and worthwhile. I believe in what to make something of the real peaceful figure by feeling. It's a typical story if that can be put in people’s shoes and known that there are people who think process differently, for the world is going to be wider to look for ways problems can be solved. I will whirl as ever to have connecting to specific experiences as super sensuousness and generate the cycle out of nowhere.
Supposed, her work has been installed at Haneda airport. Anyone would see it?
銀座のレッスンの後、国際フォーラムで開催中のWorld Art Tokyoに行きました。
私のクラスに年はずっと上ですが、僭越ながらもう長いこと通ってくれている方が、この展覧会にクロアチア代表で作品を展示しているとのことで、お知らせいただきました。彼女の作風は、色鮮やかな絵の具でエネルギッシュに描く抽象的な表現によるもの。作品と同じく、無邪気で伸び伸びとしていて、いつもいい笑顔で踊っていただいています。今年の展示では、彼女の作品だけが、羽田空港ターミナル設営されているとのこと。こちらの展覧会は、各大使館の推薦のようですが、同期やってたArt Fairにも行きたかったけど、全然、時間に間に合いませんでした。
人間交差点のような毎日で、もしくは、過去と現在と私の止めどなく続いてしまう幻想が交錯し、最近はいよいよ記憶が断片化してしまうのではないかと思ったりもしますが、こうやって作品を見る時間、人間性を深く理解するためのよすがを嗜むことができる文化や芸術は改めて素晴らしいと思いました。別れと出会いを通り抜け、掴んで手放してを繰り返す。内側から輝き湧いて溢れるような感覚を頼りに踊りながら、どれくらいのことを受けとって、どんなことが待ち構えているか思いを馳せながら。西日が眩しい銀座通りにて。
TROPICAL REFLECTIONS
1995 | oil on canvas
Georgia Borcic





3.03.2019

レストランショー後記:2nd March Sat



Tonight performance it was fun as usual. Friends of mine came and I got a bouquet from a student. 
warmth.



疲れてないと思ったんだけど、最近、夜中にトイレで気絶。
いや、久々ダメかと思ったねっ!と友人に話たら、
笑っちゃいけないけど、ウケた、と言われました。
皆さんも季節の変わり目なので、ご自愛ください。
さて、そんな中、昨夜のショー、遅刻気味で駅から500メートルない距離をタクシーで到着。
時間通りはじめていつも通り踊れました。
家族のような元スタジオスタッフが新婚夫婦で来てくれたり、
ベリーダンスをやられている方が、一緒に踊ってくれたり、
私のクラスに参加されている方から、お花が届いたり嬉しいーーー


次回は4月5日(金)です。お誘い合わせの上、来てくださーい
I will be performing there 4th April... !!



 


2.21.2019

無題34


ーーーー 
太陽が真上に向かう夏の日の屋上
目を細めて、あなたは笑う

私は、にわかに面映くなり
日差しが暑く眩しいフリをして、細くなる影を追いかけた ーーーーー




尚、
次回のショーは3月2日(土)です。
お気軽にお立ち寄りください。
お店の詳細は、トップページ右記
携帯画面の方は、web version で見つけてください。
Upcoming performance info is in Top page of this blog....
Plz, View with web version if you visit mobile screens! 

2.11.2019

無題33


There were Barbie dolls in my house, but I was not interested in sort of playing with that.
I was kind of a girl who took off her clothes at first and let dolls dance. 



-----------------------


Why do men dislike women's self-realization. and it is a wonder as the same , that's, whether a pure artist can exist in this capitalism society. 
I am not a dry person, but unconsciously I have been really careful something that prevents self-reliance from my tender age.  

--------------------------

次回のショーは3月2日(土)です。
お気軽にお立ち寄りください。
お店の詳細は、トップページ右記
携帯画面の方は、web version で見つけてください。
Upcoming performance info is in Top page of this blog....
Plz, View with web version if you visit mobile screens!

2.10.2019

無題32

I lost my nerve before I depart onto a stage....
But, trust me. I am a liar.

If I were a mighty girl, I could say so.
And, I could say so if I popped out real girls.

Dance makes you stronger.
Only human weakness hurts you.


次回のショーは3月2日(土)です。
お気軽にお立ち寄りください。
お店の詳細は、トップページ右記
携帯画面の方は、web version で見つけてください。
Upcoming performance info is in Top page of this blog....
Plz, View with web version if you visit mobile screens!

2.08.2019

無題31


スロースターター ナンバーワン エクスキューズ
最近の流行語:『着手が遅くなり申し訳ありません。』


しかし!
言い訳上手は、最後に必ず、愛を見つける。

 
I am self-assertion strongly and no compromise. I am not going to quit that fight. I won't give in to myself. Even if I am lonely, I will try to live as it is. But people with a soul connection will agree with my opinion nevertheless that's not for the whole thing, and at least will affirm my way of living. I will feel relieved with that  "You should live as you think" or "It is OK". I would feel happiness even though I was alone if I was told like that.



ありがとう ありがとう ありがとう
と三回、唱える今夜の魔法


ちなみに、明日は、ショーです。
冷やかし、怖いもの見たさ、なんでも構わない。

2.05.2019

無題30

立春も過ぎ

にわかに冬の寒さに、春の暖かさを見つける一日

最近、お気に入りの キーワード:「粘り強く 新鮮」 

パラドックスは人生のテーマ

もっと矛盾をたくさん見つけて

ひたむきに愛そう



(追記)

次回のショーのお知らせは右記



2.04.2019

無題29

本当のことが見えず、愛されるなんて、怖すぎる。

おだてられたら、気分は悪くないだろう。

冷静にそう思えなかったら、結果的に、正直に言ってきた。

そうしてきたから、こうなった。

あえて言うのなら、もっと、プレゼントもらうの上手だったのになってことくらい。


そっちがそう言うつもりでも、こっちは、こうです。

大きな強さあるかないかで、ダンスの質が別格。


愛こそ、教師なんだなって。


受け入れがたい真実を、どれだけ手にすれば、

私の思いが叶うのだろうか。

何かが足りなかった1日。








1.30.2019

Havas : Choreography Class Feb 2019


こんにちはー

一年で、一番寒い時期ですが、いかがお過ごしでしょうかー

さて、 Kaderaクラスの2月の振り付けタイトルを上げておきます。


エントランスは、エレガントにカヌーン(古典音楽からポップスまで幅広く演奏される中近東地域の撥弦楽器)からはじまり、主旋律はクラリネットのターキッシュロマ音楽です。
緩急があり、練習しやすいタイトル。
ちょっと寒いかもしれませんが、たっぷりフロアーワークやります。
お楽しみに!


Havas  The Silk Road Ensembleです



人気のMaster of bellydance Music vol,3 にも入っているようなのですが、
私の棚にもある、こちらのクラシカルなジャケの方が私は好きなので、
Sultan's Delight Cabaret Bellydance Music の方を 載せておきます。ははは。


続いて、ロマ音楽のクラリネットの巨匠Selim Seslerの動画です。
私も、Selim Seslerの演奏で、イスタンブールのとある夜に、踊らせてもらったのですが、
この安定感
やっぱり Selim Sesler ああ、上手
メラメラと
ゾクゾクする。 血。 Ho! Ho! (キャラが謎)
課題曲は、彼の演奏ではないのですが、参考までに






どうもありがとうございますー


1.26.2019

無題28

永遠の疑問

みんなは、何してる時が、幸せなんだろ〜?

私は、どうやら変わり者みたいなんだけど、それすら通り抜けて、自覚症状もなく
だからこそ、このそこはかとなく、存在するズレ感を、物心つく前から抱いているのですが。

あなたは幸せで、どうやったら幸せになるかを学べという保守的な考えも

まあ、、、

そうなのかもしれないけど、そう言われると、まやかしに受け取れる

そんな、私はひねくれ者なのか。


幸福の研究をされてきたイスライル出身のノーベル賞受賞経済学者の記事に出くわして、
結局、幸せの定義は曖昧で、、、、研究をやめたとのこという、それだけやっといといてやめちゃうのって
そもそも、ツッコミどころ満載ではあるんだけど、

ポジティブな経験だったとしても、最後、後味悪いことがあると
その記憶が嫌なものになる

それはわかる。
わかりすぎる。


瞬時に、終わりよければ全てよし、のフレーズがよぎる


そう言わないと締めくくれない。

じゃん。

ていう、あるあるよーーー


私くらいになってくると、何もやってなくても大丈夫だけど、(冗談)

誰しも人生の脚本家になれるんだから、何があっても、料理できて、気落ちしないレベルには到達してるだろうと思われる


故に、他人に求めるイメージは、

なんでもいいけど、面白くて、ウケる人がいいね

とか

何があっても笑い飛ばせる友人とかそういうイメージです

















1.23.2019

無題27


去年、今日は雪

あと5年前の月末も雪だった

雪の日

特に何もしなくても、気にかけて、そばにいてくれるような人と

そうだよねー

ねーねー

ねー

まだ人のいない雪の降る公園でブランコに乗る

吐く息が白く、目に眩しい雪の明るさ、頬をさす風が心地よい

きらきらと湧き上がる命を感じてる時、邪気が消えて、霊格が高まっていく



世の中は、あまりにも醜く、疑われたことがショックだった。



真っ白な雪の中

自由に踊ってていいよー


気持ちを受けとめてくれる優しい人は、そうやって言うかな


1.13.2019

無題26



自由こそ愛
それが、正しいなんてさらさら思わないだけど
しかし、正しいことが愛なのか


朝の慣例、数記事を素読み。



違うと思ったことを簡単に許してはならないという真実。
恨みのパワーは、一時的なカンフル剤みたいにはなるけど、
恨みを持ち続けるのは、本当に疲れるし、大変なエネルギーを使うこと
まあ、それほど、面白くないし、楽しいことでもない。

目の前には、綺麗な朝。


限定して話すと解き放たれない何か。

それだけ、複雑化。

かわいそうに。

犬じゃないけど、生類憐れみの令が、取り仕切られる。





ある人は言う、疑り深い女って嫌ね。

ある人は言う、ちょっとは疑えよ。

ある人は言う、単細胞っていいわよ。




まあ、いいんだ。
そんなに、悪いことばかりじゃないよ。


いや、なんかーなんか
もっと超越できる


青々とした青い空を見る時、
雨上がりの虹を見る時、大切なのは、何より肯定感

大事なのは、もっと大きくて、そう言うものを、知ること。
なのさーーーー

さあ、日曜日。


1.11.2019

無題25

気になり出したら止まらない、鬼掃除をして、ネイルをした。
あと数ヶ月で、何処ともなしに咲き広げられる、毎度、息をのむ桜の花に思いを馳せながら、ピンクの桜貝みたいな色にした。余生は、桜貝収集家にでもなろう。
今日はこれから、ピンク色の街にレッスン。





I did my nails with colors like a shell called 'Nitidotellina nitidula'. I will be a Sakuragai collector for the rest of my life. That could be nice. After a few months only, cherry blossoms will be spreading out by the way. Surprising pinkish pictures every time, as if it comes out of nowhere, also are the constant entity. Forget me not. They said.

1.05.2019

無題24


今年、充実した一年にするために、
どう過ごすかという具体的な行動の候補

1)便座に座る前に、一礼する
2)髪を留めるゴムは必ず左手首
3)靴を履くときは左から履いて脱ぐときは右から

。。。。

一見、無駄に見える行動も、無碍にしなければ、自己管理能力を高め、健康維持につながる。

、、、、


もうちょっと生産的なことにしよう。

毎朝、鏡の前に立って
胸鎖関節(喉仏の下の左右の鎖骨が繋がっている位置)を基準にして、鎖骨が左右対称になっているか確認する。
大きく腕を伸ばしたまま、指先を胸鎖関節の高さの前に合わせるように腕を伸ばし、
高さを維持し180度になるように両腕を左右に開く。
肩に力を抜いて、両腕を体側に戻す。
徹底的に左右対象を目指す。

オススメしたい。





1.04.2019

Üsküdara : Choreography Class Jan 2019


今月の振り付けは、ターキッシュベリーダンスソングとして、よく使われるウスクダラ(ÜsküdaraUska Dara)をやります。
世界中でカバーや映画でも使われたこちらの曲。
アメリカでは、1960年代のTVシリーズ「バットマン」でキャットウーマン(Catwoman)を演じた、個性的な歌手・女優のアーサー・キット(Eartha Mae Kitt)がカバーしており、日本でも、エキゾチックな昭和歌謡曲として歌われていたりと、文化を超えてヒットしてきた名曲です。

ウスクダラ(ÜsküdaraUska Dara)は、イスタンブールの東側にあるアナトリアのボスポラス海峡の郊外。紀元前7世紀頃にすでに移住していたギリシャ人によって「スカータリ」、また「金の都」とも呼ばれ、19世紀までは、ギリシャ人、ユダヤ人、アルメニア人、トルコ人など、イスラム教以外の多数の民族がそこの地区に住んでいました。歴史ある魅力的な地域。オスマン帝国時代には、恋人たちがひそかに会っていた場所です。

雨の日に恋人、オスマン帝国の官僚キャーティップ (Kâtip)に会いに行くという、可愛らしくほのぼのとした一曲。

この歌詞に出てくる、トルコのお菓子、ロクム(lokum)は、食べたことやお土産でもらったことがある人もいるかもしれません。
ロクムの原料は、主にコーンスターチ(トウモロコシのデンプン質)と砂糖で作られていて、もち米の中のでんぷん質でできた白玉粉と砂糖で作られた、日本の求肥みたいな感じのモチモチとしたお菓子です。
当時のオスマン帝国のスルタン、マフムト2世は、海軍の一部をイギリスの専門家に任せていたので、原曲の背景にもなっているこの19世紀頃、ヨーロッパに広まったのでしょう。

また、児童文学の名作、ナルニア国物語「ライオンと魔女」では、美味しくて止まらない恐ろしいお菓子として魔女がエドマンドに与えるシーンがあります。
ロクムは、英名:Turkish Delight『トルコ人の喜び』という意味のこちらの名で親しまれ、広まりました。ナルニアの原作にも、Turkish Delightと表現されています。(残念ながら日本語訳ではプリンと訳されているので、想像をかき立てることはないだろうけれど。)
ロクムを食べて美味しかったときのイギリス人の感動が伝わるなかなかいい命名ですね。

食べる機会があれば是非。オススメのトルコのお菓子です。
私が度々踊るトルコレストランには、ありますが、、、!


Puls, 気絶するほど、牧歌的ないし歌謡曲テイストの演奏もあるし、モダンでクールなアレンジのものあるのですが、レッスンでは、オーソドックスな編曲のものを取り扱います。



1.02.2019

無題23

お正月2日目、ホテルでの朝のブュッフェ。

まだ霊界と交信中で一点を見つける寝ぼけた7歳男児、自分のサッカースキルをひたすら話す次男と男女問わずおっぱいをせがむ2歳男児の騒がしさを目の前に、徐々にやや透明になる私の感覚は、2つとなりのテーブルで1人で朝食をとっている優に100キロ超えのているだろう大きめサイズの滞在客にしばし引きずられた。ふっくらとした丸い指先で、グレーのフェルトのカバーを小脇に、iPadのタッチパネルをソフトな動きで器用に操作していた。何かに特化して仕事ができそうな人たちにある特殊な佇まいに、悪と言われても仕方がない純粋な好奇心が湧いた。キーンのスノーシューズに光沢感のある緑のジャージとスパッツを重ね着、ズボンがズレ落ち、すんでのところで割れ目は見えないが、腰と臀部、そしてパンツが露出している。人の本質は見た目では推し量れないけれど、休日とて全く気にしてない程は、明らかに営業やサービス業ではないだろう。フェミ男ぽいしなやかの動きのせいか、なぜか不潔感はない。私が、コーヒーを取りに行くタイミングで、先方も何回目かわからない食事を取りに席を立った。Tシャツには、sorry I'm late. you cannot fast travel when enemies are nearby. その文言に反射的に固まる。敵じゃないけど色んなものがにわかに敵に思え、考えなきゃいけないことが一気に増したような、そこはかとない気づかわしさが迸る。最後の行には、stuff came up. と書かれている。やはりクリエイティブ制作系か。ブュッフェ料理を眺めながら、次は何にしようか迷ったようで、思わず呟いたアクセントから欧州ではなさそうだ。新年早々、単独でホテルのブュッフェをめいいっぱい楽しむ姿に、ある種の正しさを感じ、こちらまで嬉々としてきた。私はゲームはやらないので詳しくないけれどプログラマーかアニオタさんだろう。

小高い丘の屋根裏部屋のような自分の部屋の東側の窓から見える東京タワーは、いつものサイズなっていた。

私のお正月は終わった。

1.01.2019

無題22




東京生まれ東京都出身のたぬきが、流暢な江戸弁を喋りながら、

「田舎もんとげぇじんしかいねぇ。あっし、渋谷の交差点、パンイチで歩ける。余裕。おめえぇさんもだろ。腹減ったな。めし。」

と、年越しで賑わう世相を横目に、呟いていたことをまずここに記します。


あけましておめでとうございます。


年が明けても、取り立てて何もおめでたくないから、あけましておめでとうございますというようになったんだ。元旦に、餅を詰まらせて運ばれる人と、俺だけ僕だけ私だけ幸せじゃないと、自分を追い込み病院に運ばれてくる中毒患者や自殺未遂者の数が、異常に増えると話す救急医。


次に、トムボーイのような貴婦人は、言う。

「そうよ、もっと逞しくなりなさい。貪欲にならないと。たまにそんなこと無理、できないなんて言う人たちがいるけど、その人たちにとっては、その意見が正解でしょうね。何れにしても、とやかくいう外野は、気にしないの。そんな事を言う人たちは、何にもならないし、無視でいいのよ。というか、そんなものが、何の助けになるて言うのかしら。」

貴婦人は、真っ直ぐと目を見て饒舌に語りかけてくれるので、耳を傾けようとするのだが、話すとわずかに動く左の小鼻の脇にある黒子が気になって、なかなか話に集中できない。


「幸せなんて、退屈なだけ。」

「演技力がないダンスなんて論外よね。」

「人生なんて、半分以上が繰り返し。何かやってないと不安なだけよ。」




一度話出すと止まらない貴婦人の話は、夕方着で発注した宅配便のチャイムが鳴るまで続き、たぬきは、いつの間にか、山に消えていた。



「私が所帯じみるなんて、最悪。」

「比べるなんて、下品だわ。」


さて、今年は、どんな一年になるのでしょうか。
皆様に、一秒でも多く満ち足りた素敵な時間があることを願います。




心に希望

2019.1.1 元旦

wish you all the best,
K