1.04.2019

Üsküdara : Choreography Class Jan 2019


今月の振り付けは、ターキッシュベリーダンスソングとして、よく使われるウスクダラ(ÜsküdaraUska Dara)をやります。
世界中でカバーや映画でも使われたこちらの曲。
アメリカでは、1960年代のTVシリーズ「バットマン」でキャットウーマン(Catwoman)を演じた、個性的な歌手・女優のアーサー・キット(Eartha Mae Kitt)がカバーしており、日本でも、エキゾチックな昭和歌謡曲として歌われていたりと、文化を超えてヒットしてきた名曲です。

ウスクダラ(ÜsküdaraUska Dara)は、イスタンブールの東側にあるアナトリアのボスポラス海峡の郊外。紀元前7世紀頃にすでに移住していたギリシャ人によって「スカータリ」、また「金の都」とも呼ばれ、19世紀までは、ギリシャ人、ユダヤ人、アルメニア人、トルコ人など、イスラム教以外の多数の民族がそこの地区に住んでいました。歴史ある魅力的な地域。オスマン帝国時代には、恋人たちがひそかに会っていた場所です。

雨の日に恋人、オスマン帝国の官僚キャーティップ (Kâtip)に会いに行くという、可愛らしくほのぼのとした一曲。

この歌詞に出てくる、トルコのお菓子、ロクム(lokum)は、食べたことやお土産でもらったことがある人もいるかもしれません。
ロクムの原料は、主にコーンスターチ(トウモロコシのデンプン質)と砂糖で作られていて、もち米の中のでんぷん質でできた白玉粉と砂糖で作られた、日本の求肥みたいな感じのモチモチとしたお菓子です。
当時のオスマン帝国のスルタン、マフムト2世は、海軍の一部をイギリスの専門家に任せていたので、原曲の背景にもなっているこの19世紀頃、ヨーロッパに広まったのでしょう。

また、児童文学の名作、ナルニア国物語「ライオンと魔女」では、美味しくて止まらない恐ろしいお菓子として魔女がエドマンドに与えるシーンがあります。
ロクムは、英名:Turkish Delight『トルコ人の喜び』という意味のこちらの名で親しまれ、広まりました。ナルニアの原作にも、Turkish Delightと表現されています。(残念ながら日本語訳ではプリンと訳されているので、想像をかき立てることはないだろうけれど。)
ロクムを食べて美味しかったときのイギリス人の感動が伝わるなかなかいい命名ですね。

食べる機会があれば是非。オススメのトルコのお菓子です。
私が度々踊るトルコレストランには、ありますが、、、!


Puls, 気絶するほど、牧歌的ないし歌謡曲テイストの演奏もあるし、モダンでクールなアレンジのものあるのですが、レッスンでは、オーソドックスな編曲のものを取り扱います。