1.26.2019

無題28

永遠の疑問

みんなは、何してる時が、幸せなんだろ〜?

私は、どうやら変わり者みたいなんだけど、それすら通り抜けて、自覚症状もなく
だからこそ、このそこはかとなく、存在するズレ感を、物心つく前から抱いているのですが。

あなたは幸せで、どうやったら幸せになるかを学べという保守的な考えも

まあ、、、

そうなのかもしれないけど、そう言われると、まやかしに受け取れる

そんな、私はひねくれ者なのか。


幸福の研究をされてきたイスライル出身のノーベル賞受賞経済学者の記事に出くわして、
結局、幸せの定義は曖昧で、、、、研究をやめたとのこという、それだけやっといといてやめちゃうのって
そもそも、ツッコミどころ満載ではあるんだけど、

ポジティブな経験だったとしても、最後、後味悪いことがあると
その記憶が嫌なものになる

それはわかる。
わかりすぎる。


瞬時に、終わりよければ全てよし、のフレーズがよぎる


そう言わないと締めくくれない。

じゃん。

ていう、あるあるよーーー


私くらいになってくると、何もやってなくても大丈夫だけど、(冗談)

誰しも人生の脚本家になれるんだから、何があっても、料理できて、気落ちしないレベルには到達してるだろうと思われる


故に、他人に求めるイメージは、

なんでもいいけど、面白くて、ウケる人がいいね

とか

何があっても笑い飛ばせる友人とかそういうイメージです

















1.23.2019

無題27


去年、今日は雪

あと5年前の月末も雪だった

雪の日

特に何もしなくても、気にかけて、そばにいてくれるような人と

そうだよねー

ねーねー

ねー

まだ人のいない雪の降る公園でブランコに乗る

吐く息が白く、目に眩しい雪の明るさ、頬をさす風が心地よい

きらきらと湧き上がる命を感じてる時、邪気が消えて、霊格が高まっていく



世の中は、あまりにも醜く、疑われたことがショックだった。



真っ白な雪の中

自由に踊ってていいよー


気持ちを受けとめてくれる優しい人は、そうやって言うかな