8.03.2019

無題45

限りなく何物にもとらわれず、シンプルに生きることを決めている私ですが、8月になると戦争を思う。私は、終戦記念日にお誕生日を迎えた東京育ちの祖母が当時21歳になってどんな風にその日を眺めたのかを、自分と重ね合わせます。時代を生きる時に、常ねつきまとう功罪、正しさの中にある怪しさに気づきくことは、簡単ではないことです。
今月は東京裁判についての一冊、インドのパール判事の日本無実論から。
I am living simply without being bound by walls of anything as possible, but I think of war here in August. I strike my chord of sympathy with my grandmother, who grew up in Tokyo, her birth day is just 15th Aug was the end of the war, when she turned 21st at that time. - what it was like for her and her eyes. - When living in any times, it is not easy to be aware of the suspiciousness in correctness on the face of it, of the negligence  in the midst of any times.
This month's first book of mine is about a story of Radhabinod Pal who was an Indian jurist, The International Military Tribunal for the Far East.





8.01.2019

Choreography Class Aug 2019 : bellydance saad el soghayar



https://open.spotify.com/track/6FjeK9NkX3uHRTBM7amH0J


8月は、

Bellydance

saad el soghayar

の振り付け用意しました



念の為、
4拍子のマスクームのリズムは、ベリーダンスの中でも代表的なリズムの一つ
どたたどた
D T  T D T
マスクームのリズムは、比較的わかりやすく、明るい調子が出る拍です。
快活に早いテンポで演奏される場合もよくありますが、この曲はミディアムテンポ程度。
初めてでも、簡単にリズムをとっていけます。
お楽しみに!